私の「挑戦」協力してもらえる様な人柄であること
私の「楽しさ」新しく入社した社員が受注を取れたとき

ホーム  >  インタビュー一覧  >  アステックタイランド インタビュー

西島 昭博  Akihiro Nishijima
アステックタイランド / 2015年入社

アステックグループを一言で表すと?
向上心のある会社

自分の興味を仕事に活かす様子

自分の興味を仕事に活かす

就職活動は主に自分の武器(英語)を最速で活用できる仕事にしたいと思い、海外勤務・出張ができる会社で探していました。あまり手当たり次第に面接を受けるのではなく自分の経験と関連のある業界に入ろうと思って活動していたと思います。私の性格上、関連性の無い物は何事も続かない傾向があることが理解していたので自分の特性にあったものをその企業で見つけることが自分の就職活動の軸になっていました。一般的には、日本である程度社歴がある人が海外赴任することが多いと思いますが、アステックはまだ海外展開して間もない頃で、経験や年齢よりも意欲を買ってくれる会社だと感じました。最速で海外に行けると思い、アステックを選びました。

外国人スタッフと

外国人スタッフに学んだこと

アステックタイランドでは、日系工場向けに、塗装による建物メンテナンスを提案しています。その中で私は新規開拓、広告管理、売上、工事進捗管理に携わっています。現地スタッフが情報収集し、その情報をもとに私がお客様を訪問するという流れで連携を取っており、スタッフとは英語でやり取りするため、情報の行き違いで苦労することがあります。日本人特有の阿吽の呼吸や共通感覚などの意識はなく、自分が伝えたことが全てなので、伝えたいことは1から10まで漏れなく伝える必要があります。「これは常識だから」と伝えていないと痛い目に合うこともあります。外国人とコミュニケーションを取る際には自分の常識だけで判断してはいけないという教訓を得ました。また、タイ人スタッフと働く上で気が付いたことは、彼らは無駄をとことん嫌うということです。日本人だと何かを実施する際、事前に「万が一」に備えますが、タイでは「何かあった時に対応」という感じなので、実行までの時間が早いです。どちらとも良し悪しはありますが、このフットワークの軽さが日本にもあれば良いなと思います。

話している様子

仕事は一人じゃできない

入社当初は社長以外の日本人が私一人ということもあり、とにかく関わる物すべてに細かく目を光らせて把握しなければ、自分でやらなければと、すべて自分で行わなければならないと思っていました。ですが、会社の事業が軌道に乗り成長しだした頃からそのやり方に限界を感じ始め、「このままのやり方では続かない」と考えが変わりました。それまでを振り返り、自分一人にできることは限られている、任せられる部分は任せる必要があることを学びました。投げやりにするわけではなく、自分にしかできないことは自分が、それ以外は責任者に任せる形を取っています。そうすることで様々な面で楽になり、周りの成長にも繋がっていると思います。

最高に嬉しかった瞬間

1つ目は、施工に満足していただけた時です。アステックタイランドは2013年に設立された非常に若い会社で、設立当時は思い通りに進まないことがあり、非常に多くの問題を抱えていました。私以外の社内事務、現場管理、職人は全てタイ人スタッフ。それでも管理者と職人の教育を諦めることなく続けてきた結果、お客様から称賛をいただいた時は成長したんだなと感じることができます。2つ目は、入社してきた営業社員が一人で受注獲得した姿を見た時です。どちらも自身や社員の成長を実感できるため、心から嬉しく思います。これからは自分の成長だけではなく、周りの成長を促せる様な人間になっていければと思います。

アステックタイランドのみんな

異国の地で一番の塗装会社になる

今挑戦していることの1つに、タイ語学習があります。社内公用語は英語なので問題なく会話できますが、やはり現地の人と打ち解ける一番の近道はその国の言葉で会話をすることです。現地の言葉で話せると相手の反応にも変化が出ますし、何より本当の意味で認められると感じます。2020年までに業務系の連絡、報告などはすべてタイ語で行えるようになることが直近の目標です。また、さらに挑戦したいことは、アステックペイントタイランドを、タイで一番の塗装会社にすることです。アステックペイントタイランドはタイで工場の塗装工事など、主にメンテナンスに携わる業態です。タイの市場規模はかなり大きいので、まずはタイで一番の塗装会社となり、アステックペイントの売り上げを抜いて立派な会社にしたいです。そのためにもまずは現地の特性を知り、現地スタッフと共に成長できていけたらなと思っています。

アステックタイランドのある一日

08:30 ~ 8:45【朝礼】
タイ事業所では毎朝、社内全員で朝礼を行っています。Sales(営業),Engineer(技術),admin(管理)といった違うフィールドで活躍している人員が一同に会し、情報共有を行います。代表の菅原も参加し、毎日を充実したものにする重要な時間です。
09:00 ~ 9:45【日本とのTV Meeting】
日本との定期的な報告会と様々な決議を行う場として、TV Meetingを行います。TV会議システムを使う事で、海外にいても日本と変わらないスピード感を持って働く事ができます。
10:00 ~ 11:00【お客様対応、資料準備】
オフィスで案件の処理や営業で使う資料の準備をします。午後からは多くの社員が工業団地に外出するので、その準備のためオフィスが一番活気づく時間帯。
日本語、英語、タイ語が飛び交うので、海外で働いている実感を最も得られる瞬間です。
11:00 ~ 12:00【工業団地への移動】
工場が密集している工業団地に向かいます。車の中ではタイ人スタッフと簡単な打ち合わせをしたり、日頃の情報交換をしたりしながら移動。時にはタイ語や日本語を教え合ったりする事もあります。
12:00 ~ 13:00【お昼休み】
近くにいる社員で集まってランチをします。タイ人スタッフは現地のおいしい食事処を知っており、ローカルのおいしい屋台などでご飯を食べる事が多いです。
13:00 ~ 16:00【お客様対応、現場チェック】
工場のお客様のもとに行きます。「新規のお客様への会社説明」「工場の建物診断」「既存のお客様へのフォロー」「施工工場の現場監督」など、タイムマネジメントしながら工業団地内で行うべき仕事をこなします。お客様のほとんどは、様々な業種の上層部の方々。仕事の考え方などを教えてもらうこともあり、とても勉強になります。
17:00 ~ 17:30【1日のまとめ】
その日の事をまとめるため、顧客管理システムへの情報記入や「ランクUPノート」を記入。営業人員はここで営業進捗の情報共有などを行います。最後に机や身の周りの整理を行い、帰り支度をします。
17:30 ~【退社】
タイ人スタッフと食事に行ったり、語学学校に通ったりと自由な時間を過ごします。始業時間が早い分、就業後は自分の時間を満喫する事ができます。